一般に債務整理というものは種類

By | 12月 7, 2016

一般に債務整理というものは種類があって、周囲に知られにくい任意整理、大幅減額の可能性がある個人再生、それから自己破産というのがあります。

最初に挙げた任意整理や個人再生といった債務を整理は、本人に収入がなければ選択することはできません。なぜ収入が必要なのかと言うと、個人再生や任意整理は「債務の減額」が趣旨であり、債務そのものは残るワケです。 返済を滞りなく行うために、収入が求められるのは当然でしょう。
債務整理をしても生命保険を解約しなくても良いことがあったりします。
任意の整理を行っても生命保険を解約しなくても良いのです。注意する必要があるのは自己破産する時なのです。

自己破産をするとなると生命保険を解約するように裁判所によって指示される場合があります。
返済に行き詰まり弁護士に支払う着手金ですら払えない状態になっても、状況次第では債務を整理の手続きをお願いすることは可能です。一般的には着手金に替るものとして手付を持って行き(アトで着手金に充当します)、不足している分は、債権者に受任通知書を送付してから返済が猶予されている間に積立を行い、結果が出てから成功報酬と合わせて清算するのです。いわば支払いを事前に分割払いする感じです。

債務を整理の相談で法務事務所などを訪れた際には、積立方式を勧められますし、債務の返済が再開してから弁護士費用を支払うよりはよほど現実的です。一度債務整理をはじめると、専門家に依頼していても、終わるまで数ヶ月を見た方が良いでしょう。とはいえ、債務整理中に借金の金利や延滞損害金が追加されるようなことはないです。なお、個人再生や任意整理の手続きを取った場合は、返済可能な分の債務が残ります。
この残った借金については、金利は発生しません。ですが、仮に返済日を遅れてしまうようなことになると、延滞損害金が発生しますし、場合によっては一括での返済を求められるケースもあるためきちんと返済するようにしてちょうだい。用立ててもらったお金の原因がパチンコや競馬などギャンブルの場合も債務整理はできるでしょう。

しかし、任意整理や個人再生といった支払総額が減るに留まり返済の義務がなくなるワケではない方法だけです。
借金をすべてなくせる自己破産にしてもギャンブルで生まれた借金については免責不許可事由に該当し、裁判所に破産の申立をし立ところで恐らく免責されないでしょう。